6/10はなぜ歩行者天国の日?ホコ天のメリットは?


この記事は約 2 分で読めます。

6月10日には

「時の記念日」

「商工会の日」

「路面電車の日」

「社会教育法施行記念日」

「ミルクキャラメルの日」

など様々な記念日があります。

 

その記念日の中に

「歩行者天国の日」

があります。

 

歩行者天国は活気があって、

開放的なイメージを

思い浮かべる人もいると思います。

 

ここでは

「歩行者天国の日」に合わせて、

歩行者天国のメリット、デメリット

について紹介します。

 

スポンサーリンク

「歩行者天国の日」の由来は?

 

そもそも歩行者天国とは何でしょうか?

 

歩行者天国(通称:ホコ天)は

通常車道になっている道路を

車両通行止めにして、

歩行者に開放した道路、区間

のことを指します。

 

歩行者天国は曜日や時間帯を

指定されているところもあれば、

通年実施されるところもあります。

 

「歩行者天国の日」は

1973年6月10日に

銀座から上野までの

東洋一(当時世界最長)の

5.5kmにわたる

歩行者天国が実施された日

に因んでいます。

スポンサーリンク


歩行者天国のメリットは?

 

①街が活性化する

歩行者の移動範囲が拡がるので、

商店街にいる歩行者の

滞在時間が増加することや

車を気にせず安心して

買物ができると考えられています。

また、歩行者が増えることで

集客アップや街が賑やかになる

と考えられています。

 

②歩く視点

車で乗っている時の視点と違って、

歩く速さだからこそ

見える風景があります。

歩くからこそ気づいた街の良さ、

魅力の発見に繋がると考えられています。

 

③散歩

最近では運動不足の方も

多くいると思います。

そのため歩行者天国で

買物や散策等のついでに

意識的に歩くことは

健康上大きなメリットに

繋がると考えられています。

 

歩行者天国のデメリットは?

 

①ゴミ・騒音

人が集まればそれだけ

ゴミや騒音などの問題が増えてきます。

実際に原宿の歩行者天国は

地元住民からのゴミや騒音

に対する苦情があり、

廃止に至る要因の一つになりました。

 

②防犯上の問題

歩行者天国は人が集まりやすいため、

時に通り魔やテロの

標的にされることがあります。

 

歩行者天国は商店街にとって

経済効果があると思いますが、

その街のルールやマナーを守って

行動することが大事だと思います。

 

その地域の人の

理解や支援がなくては

歩行者天国を

維持することは難しいです。

 

そのため一人一人の意識が

大事だと思います。

 

ゴミを路上に捨てずに

ゴミ箱に入れるといった

マナーが大切になってきます。

 

そうした地道なマナーの

積み重ねで歩行者天国は

成り立っています。

 

その上で普段の自分が

できる範囲で心がけ、

自分だけでなく

皆が楽しめように

行動していくことが

大事ではないでしょうか。

 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ