5月10~16日はなぜ愛鳥の日?世界一美しい鳥とは!?

この記事は約 2 分で読めます。

日本だけでなく世界には、

天然記念物や絶滅危惧種に

指定されている野鳥が

たくさん存在しています。

 

また、

国内のみならず海外の

愛鳥家の数にも増加が見られ

「関心を持ってほしい。

保護活動を知ってほしい。」

と言う方が増えています。

 

その為、

愛鳥の日と言う記念日があります。

 

今回はそんな

5/10~16愛鳥の日に合わせて、

世界一美しい鳥やフラミンゴの秘密

についてまとめました。
 

スポンサーリンク

5/10~16はなぜ愛鳥の日?

1947年に4月10日が

「愛鳥の日」として定められました。

 

しかし、

1950年には

5月10日から16日までに日を延ばし

「愛鳥週間」と改められました。

 

4月10日ではなぜダメだったのか?

 

それはこの季節の鳥と野鳥との

区別が付きにくかった為と考えられます。

 

3年後の「愛鳥週間」となってからは

しっかりと野鳥を追う事ができ、

ゆとりを持って野鳥の調査を

行う事ができるようになりました。

 

中には日が変更された今でも

当初の4月10日に

鳥を愛でている愛鳥家もたくさんいます。

 

「それらの

鳥たちに関心を持ってほしい。

保護する活動を知ってほしい。」

と言う思いから当時の

環境庁が制定しました。

 

環境庁では

「愛鳥の日」を制定する他にも、

ホームページでの告知や

企業へのポスターの配布、

愛鳥週間に向けての

ポスター制作を学校の授業に

取り入れるなど様々な方法で

愛鳥の日をアピールしています。

スポンサーリンク


世界一美しい鳥とは?

鳥とはその多くが

空を飛んでいる生き物です。

 

また、

手元にあっても

値段を付ける事ができない鳥もあります。

 

高価な鳥ではなく姿形が

世界一美しい鳥は存在しています。

 

「ケツァール」と呼ばれる

主にメキシコ山岳地帯に生息している鳥です。

%e4%b8%96%e7%95%8c%e4%b8%80%e7%be%8e%e3%81%97%e3%81%84%e9%b3%a5
 
きれいなエメラルドグリーンで

羽は体長の2倍近くもある鳥です。

 

その姿は王族以外見る事を

許されなかった

と言われている程美しいです。

 

日本でも魅了された人は数多く、

そのうちの一人があの

「火の鳥」の作者である手塚治虫氏です。

 

そう、

ケツァールは火の鳥のモデルなのです。

 

フラミンゴの色の秘密は?

動物園で見る以外あまり

お目にかかれないフラミンゴですが、

特徴はやはりあの

「ピンク色の体」ではないでしょうか?

 

遠くから見るとキレイですが、

近くによると

「ちょっと異様」にも思えます。

 

色の原因はエビやカニを

好んで食べると言う説や

食料となる藻に含まれる成分が

体色をピンク色に変化させる

などと言われています。

 

しかし、

これらは野生のフラミンゴに関して

言われている事であり、

動物園で飼育されている

フラミンゴはまた違ってきます。

 

なぜなら飼育されている

フラミンゴは餌を選べません。

 

それではどのように

ピンク色の体を

保っているのでしょうか。

 

それはなんと

「餌の中に色素を加えている」のです。

 

色素を加えた飼料を

食べ続けなければ

体は白くなっていきます。

 

白いフラミンゴは観賞用としては

価値が低くなってしまうのですね。

 

Pocket

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ