「入居審査」に落ちない4つの方法とは?


この記事は約 2 分で読めます。

今回は、入居審査に落ちる割合が

高くなる人の特徴と対策についてみていきます。

 

賃貸住宅を借りる際には

収入だけ見られるわけではありません。

 

収入も十分な額あって、

借金もないのに落ちたという人もいるようです。

 

果たして何が問題だったのでしょうか?

入居審査に落ちないようにするには

どうすればいいのか?

 

そんな落ちやすい人の

特徴や対策についてみていきます。
 

スポンサーリンク

「入居審査」に落ちない方法①

◇年収が低いのに家賃が高め

想像できるかと思いますが、

年収が低いのに家賃が高い部屋を

借りようとしていると、

支払い能力があるのか

審査する業者も不安になります。

 

目安として収入が

家賃の3倍くらいあれば良いみたいです。

 

収入が家賃の4倍あれば

収入面では落とされることはないでしょう。

「入居審査」に落ちない方法②

◇借金のブラックリスト

ブラックリストに入っている人は

審査会社にチェックされてしまいます。

 

家賃をふみたおす可能性がある人とみなされ

審査に通るのも厳しくなります。

 

また借金は無かったのに

落とされる人の傾向として、

携帯電話会社の端末代金を

支払えていなかったという例もあります。

 

こういったことでも

ブラックリスト入りしている

ケースもあるので、

普段の支払いの滞りは無いようにしたいですね。

スポンサーリンク


「入居審査」に落ちない方法③

◇態度が悪い

不動産屋は実は人柄も見ています。

 

年収が高くても、コミュニケーションの際に

態度が横暴もしくは

言葉づかいがよくない場合、

近隣住民とトラブルを

起こしてしまうのではと判断されます。

 

約束の時間に遅れてしまうなども

印象がものすごく悪いです。

 

時間にルーズな人は気を付けましょう。

さすがにスーツで行く必要はないですが、

服装や頭髪など身だしなみなども

整えておくと印象が良いです。

「入居審査」に落ちない方法④

◇職歴

当然公務員などであれば安定していて、

急に失業することも少ない

と思われるので入居が決まりやすいです。

 

つまり、正社員の人も同様です。

 

アルバイトやパート、

派遣社員、自営業者などは

収入が安定しない傾向にあるので

落とされてしまいがちですね。

 

ただし、

例え無職でも保証人がしっかりとしていれば、

大丈夫なこともあるので

諦めないようにしましょう。

 

どうでしたか?

収入がいくら高くても、

不動産屋など仲介業者との面接で

雰囲気が悪ければ

入居審査に落とされてしまいます。

 

また、1月~3月など引っ越しが多い時期も

入居審査に落ちやすくなるので

ずらせるならこの期間は避けましょう。

 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ