7/1はなぜ国民安全の日?安全意識を高める方法は?

この記事は約 2 分で読めます。

7月1日は

「更生保護の日」

「こころの日」

「童謡の日」

「クレジットの日」

など様々な記念日があります。

 

その7月1日の記念日に

「国民安全の日」

があります。

 

国民安全と聞くと、

どのような範囲まで

安全に留意するのか?

 

安全意識を高めるには

どうしたらいいのか?

 

ここではそんな疑問に合わせ

「国民安全の日」

について紹介していきます。

 

スポンサーリンク

「国民安全の日」の由来は?

 

7/1日「国民安全の日」は

国民の一人一人が

その生活のあらゆる面において、

施設や行動の安全について考える日です。

 

そして安全確保に留意し、

これを習慣化する気運を高め、

産業災害、交通事故、火災等

国民の日常生活の安全をおびやかす

災害の発生の防止をはかる記念日です。

 

日本経済の発展と高度化と

ともに増加した

自動車事故、産業災害を背景に

1960年(昭和35年)5月の

閣議で制定されました。

 

また、

この7月1日には災害発生の防止に

功績のあった者を対象に

安全功労者内閣総理大臣表彰

が行われます。

スポンサーリンク


安全意識を高める方法は?

 

安全意識を高めるには

普段の生活での取り組み

「自己管理」「言葉」「謙虚な姿勢」

の3つが大事だと思います。
◯自己管理

自己管理とは

自分の行動や生活を律して、

健康維持や学力向上など

目標に向かって行うことです。

そのために必要になるのは、

自分や周りのことを状況や状態を

確認、分析して正しく

行動することが大事だと思います。

例えば徹夜で寝不足の時は

車の運転はしない

といったことが大切になります。

 

◯言葉

普段の生活で安全意識は

忘れがちになりやすいと思います。

そのため安全に対する言葉

(スローガン、ポスター、声かけ)

を毎日繰り返して安全意識を

持続させることが大事だと思います。

 

◯謙虚な姿勢

油断や慢心があると

事故につながる可能性が高まります。

例え体調や状況などがよくても

安全に完璧はないと思うことが必要です。

完璧ではない未熟であるからこそ

改善し続けていけると思います。

まずはできることから

小さな一つ一つの積み重ねが

大事になると思います。

 

7/1は「国民安全の日」ですが、

この日に関わらず安全意識、安全への

取り組みを継続し続けるのが大事です。

 

「国民安全の日」は

国民一人一人の生活の

あらゆる面での安全について

心がけることを言っています。

 

まずは身体があらゆる面での

資本になると思いますので、

自身の健康に留意して

行動してみてはどうでしょうか。

 

Pocket

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ