偏差値「bf」の意味とは?8割以上が勘違い!?


この記事は約 2 分で読めます。

受験の際に学生の皆さんが気にする事と言えば

「偏差値」ではないでしょうか?

 

この偏差値の数値によって

次のステップが決まると言っても

過言ではありません。

 

そこで、大学受験の際に

偏差値「bf」という記号があります。

 

これを誤解された意味で

とらえられていることが多いようです。

 

今回はそんな

偏差値「bf」の意味をまとめました。

スポンサーリンク

偏差値におけるランク分けとは?

大学受験において偏差値とは

「現在○○であれば

この大学を受験して合格できる」

と言う風に一つの目安となります。

 

かの有名な東京大学を例にしてみてみましょう。

理科Ⅰ類(理学部):75

理科Ⅱ類(農学部):74

理科Ⅲ類(医学部):80

文科Ⅰ類(法学部):76

文科Ⅱ類(経済学部):75

文科Ⅲ類(文学部):74

 

※理系・文系だけでなく専攻する学部別でも

偏差値は変わってきます。

 

このように大学には偏差値によって

ランクが分けられており、

上記の東京大学は「Sランク」とされています。

 

次いで

Aaaランク(京都大学)

Aaランク(一橋大学)

Aランク(早稲田大学)

Baaランク(筑波大学)

Baランク(千葉大学)

Bランク(明治大学)

となっていきます。

スポンサーリンク


偏差値bfとは?

大学のランクは偏差値によって

A~Dまで振り分けられますが、

このランク以外に「bf」という

聞き慣れないランクがあるのを

ご存知でしょうか?

 

Bfは別名「Fランク」

とも呼ばれており

「ボーダーフリー」

と言う表現をされる事もあります。

 

ランク上位の大学では受験者数が多く、

合格・不合格の人数の偏差値や合格率などを

容易に割り出す事ができます。

 

しかし、

bfの大学では一般的なボーダーラインの

位置付けである「合格1:不合格1」

の割合を特定する事ができません。

 

その為合格ラインとなる

偏差値が割り出せないのです。

 

要は受験者数が少ない為に

偏差値によって合格・不合格のラインを

出す事ができない大学という事です。

偏差値bfの意味は間違っていた!?

bfと言う言葉を知っている人の中には

間違った認識をしている人がいます。

 

それは

「偏差値bfは偏差値が出せない程頭が悪い」

「bfの大学はダメな大学だ」

などという事です。

これらは決して正しい認識ではありません。

 

bfだからと言って名前さえ記入すれば

必ず受かるわけではありませんし、

bfと呼ばれる大学に通っているからと言って

恥ずかしくもありません。

 

ましてや就職に不利になるという事も無いのです。

 

実際にbfに分類される大学の数はとても多いです。

 

地方の大学ではA~Dランクに

分類されている大学の方がまれなのです。

 

誤解したまま大学受験を迎えてしまう

という事を避ける為にも

しっかりとbfについて理解する事が必要です。

 

受験生以外には

あまり重要視されないbfですが、

当の本人達にとっては

とても大切な基準値と言えます。

 

知らないがゆえに

間違った認識で受験生の心を

傷つける言動や行動をしない為にも

周りの人にはbfの正しい意味を

しっかりと理解してもらいたいですね。
 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ