料金後納の郵便マークの表示ルールまとめ!


この記事は約 2 分で読めます。

毎月大量に郵便物を取り扱う場合、

日本郵便の料金後納は

非常に便利でお得なサービスです。

 

料金後納を利用する際は

切手の代わりに定められた郵便マークを

表示する必要があります。

 

しかし、

郵便マークはサイズや様式が

細かく決められているので

注意しなければいけません。

 

今回はそんな

料金後納の郵便マークの表示方法

についてまとめました。

スポンサーリンク

料金後納とは?

日本郵便で行われている料金後納とは、

「1ヶ月分の郵便料金を翌月に

まとめて支払う事ができるサービス」

です。

 

その主なメリットとして、

①指定口座への振込や振替で支払いができる

②まとめて支払う事で経理業務の効率が上がる

③切手を貼らないので発送作業の簡略化

④広告郵便物であれば条件を満たせば

8%~44%の料金割引を受けられる

など、大量の郵便物を扱うからこその

苦労や負担を軽減する事ができます。

 

料金後納を利用するには、

①毎月50 通(個)以上

の郵便物や荷物を差し出す

②事前に取扱郵便局へ

申し込みをして承認を受ける

③担保として郵便物や荷物の1ヶ月分の

概算額に対して2倍以上の現金

または規定の有価証券・保証を提供する

という条件を満たさなければいけません。

スポンサーリンク


料金後納の郵便マークの表示方法とは?

切手の代わりに表示する郵便マークには

決められた形式があります。

 

印刷・スタンプ・シールなどありますが、

形式に沿っているか必ず確認してください。

 

郵便物や荷物の表面で、

位置は縦長のものは左上、

横長のものは右上に表示します。

 

横長なのに左上に表示する間違いが

よくあるので注意してください。

 

郵便マークは

直径2cm~3cmの円形

縦横それぞれ2cm~3cmの四角形

のものがあります。

 

表示内の上部に「差出事業所名」、

下部に「料金後納郵便」と表示します。

 

「差出事業所名」の部分に表示するのは

郵便物や荷物を差し出す郵便局名です。

 

郵便物や荷物の外部に差出人の

氏名・住所を明瞭に記載してあれば

「差出事業所名」は省略しても構いません。

 

表示内の下部から1/2以内であれば

差出人の業務広告などの記載も可能です。

 

郵便マークは線の形式によって

3種類に分けられます。

①「差出事業所名」と「料金後納郵便」

の間が1本線

 

通常の期間(差出日を除き3日以内)で

配達される郵便物です。

 

②「差出事業所名」と「料金後納郵便」

の間が2本線

 

通常の期間+3日程度の

余裕を持って配達される郵便物です。

 

③「差出事業所名」と「料金後納郵便」

の間が2本線かつ

「差出事業所名」の上に1本線

 

通常の期間+7日程度の

余裕を持って配達される郵便物です。

 

料金後納郵便は利用者の費用や手間を

大幅に軽減してくれるサービスです。

 

事前の承認や担保の準備・各種条件ありますが、

利用を始めてしまえば

様々な恩恵を受ける事ができます。

 

条件を満たせるのであれば

是非検討してみてくださいね。

 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ