10/1なぜコーヒーの日?世界の変なコーヒーは?


この記事は約 2 分で読めます。

この記念日はあまり知られていない

かも知れませんが、

10/1はコーヒーの日です。

 

その由来は何なのでしょう?

 

今回はそんな疑問に合わせて、

世界にある変なコーヒーや高級コーヒー

も紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 コーヒーの日の由来は?

 

世界的な年度始めは

日本の1月1日と違って

10月1日になります。

 

それに伴い

コーヒーも年度初め

とされていることから

コーヒーの日は制定されました。

 

さらに、

日本では秋冬から

コーヒーの需要が高まることから、

全日本コーヒー協会によって

1983年に10月1日「コーヒーの日」

としたのです。

スポンサーリンク


世界の変なコーヒーは?

 

普段飲んでいるコーヒーにも

沢山種類がありますが、

世界には本当に変なコーヒーがあります。

 

フィンランドで飲まれている

「カフェオスト」

 

なんとチーズを入れて飲むコーヒーで、

更に砂糖を入れると

ティラミスのような味がするとか。

 

チーズはお好みで量や種類を

調整しながら飲むそうです。

 

また、

世界で親しまれている

変わったコーヒーが

「トルココーヒー」

 

水から煮立てて上澄みだけを飲む

という変わったコーヒーです。

 

でもこれが元祖のコーヒー

だと言われており、

世界で高い人気があります。

 

高級なコーヒーは?

 

色々な種類のあるコーヒーですが、

高級となると上を見ると

キリがないようです。

 

ここでは世界の

高級コーヒーをご紹介します。

 

最も高価が高いと言われているのは、

「コビー・ルワック」

というインドネシア発祥のコーヒーです。

 

店によりますが、

相場では

一杯8000円

します。

 

これはなんと、

ジャコウネコが食べた豆

を使っているんです。

 

その豆だけを厳選し、

焙煎したものだそうです。

 

確かにレアで高級な感じがしますね。

 

世界中で人気があり、

コビーブラックを出す

世界の専門店も多いそうです。

 

また、

日本で親しまれやすい

ブルーマウンテン

にも高価なものがあります。

 

それはジャマイカのブルーマウンテン。

 

名前の由来は

ブルーマウンテンズという土地で

作られているところから生まれました。

 

日本では世界の中でも

ブルーマウンテンが好まれ、

ジャマイカの生産量の8割が

日本へ輸出されているそうです。

 

如何でしょうか?

 

意外とコーヒーは色んな種類があっても

知らないことも多いものですね。

 

是非、

いろんなコーヒーを楽しんでみて下さい。


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ