3月11日は東日本大震災記念日。被害や募金金額、学ぶべきこととは?


この記事は約 2 分で読めます。

まもなく東日本大震災から5年。

 

今一度大事なことを振り返りませんか。

 

そこでこのマーク知っていますか?
 
津波2
 
津波の避難所マークです。

 

日頃からこのマークは

必ず意識しておきましょう!

 

東日本大震災後は

「絆」の重みが多くの

メディア等で取り上げられました。

 

家族だけでなく、友人や地域の方とも

日頃からコミュニケーションを

とっておくことが大きな救いになります。

 

震災直後の混乱時に

略奪や暴動などもなく、

助け合い・ゆずりあいの精神で

支え合っている姿に日本人の

誇るべき特性だと感じました。

 

今回は

3/11東日本大震災記念日

に合わせ、

由来や地震の被害、募金金額

等をまとめました。
 

スポンサーリンク

東日本大震災記念日の由来とは?

 
3月11日は宮城県沖を震源とする

マグニチュード9の大地震が東日本を襲い、

その後発生した津波で、

多くの命が失われました。

 

命の尊さや大切さを考え、

震災で学んだことを

風化させることなく災害に備えるため、

「災害時医療を考える会」が

3/11を

「東日本大震災記念日」(いのちの日)

と制定しました。

東日本大震災の被害は?

 
死者・行方不明者はあわせて

18,000人を超え、

被害者の9割は津波に

巻き込まれたことによる

「水死」

でした。
 
津波
 
そのため、冒頭でも書いた通り

津波避難マークをぜひ覚え欲しいです。

 

4年以上たった今でも、

20万人以上の方が避難生活を送っています。
 
3東日本大震災記念日
 
建築物の被害は全壊12万戸以上、

半壊24万戸以上にのぼり、

道路や橋梁の損壊、

山崖崩れや堤防決壊も多く発生しました。

 

被害総額は

推定16兆~25兆円

と言われています。

 

スポンサーリンク


東日本大震災の総募金金額は?

 
日本赤十字社、中央共同募金会、

各自治体に寄せられた

総募金金額(義援金)は

約4,400億円

と言われています。

 

国内外から寄せられた

多額の義援金は、

被災者の生活再建、教育・医療支援、

災害対応能力の強化、原発事故対応

などに使われています。

 

復興住宅へ入居できた方は一握りで、

除染や汚染がれきの処分など

問題は山積みで、

いまだ復興には程遠い状態です。

 

日本赤十字社など現在も

義援金の受付を行っていますし、

ボランティアや復興支援の

チャリティーに積極的に参加するなど、

何かできることを

考えてみてはいかがでしょうか。

 

東日本大震災で学ぶことは?

 
多くの犠牲者を出した

東日本大震災ではどんなことを学びましたか?

 

■大事なのは身を守ることです。

おかしもち

 

真っ先に表へ飛び出したり、

火を消しに行ったりせず、

揺れが収まるまでは

安全場所で身を守りましょう。

 

■日頃から防災意識を持つことも大事

2東日本大震災記念日
 
安全な避難場所や離れ離れになった時の

集合場所を家族で決めておきましょう。

 

震災後、

家族を探して何か所も避難場所を

回っている人がたくさんいらっしゃいました。

 

携帯をもっているのであれば、

災害用伝言ダイヤルなどの

使い方をきちんと知っておくのも

有効だと思います。

 

水や食料の備蓄はもちろんですが、

地震の後は停電になることも多いので

 

情報収集のために

ラジオや携帯電話は欠かせません。

 

電気のいらない充電器や乾電池を

充分に備えておきましょう。

 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ