6/18はなぜ海外移住の日?海外移住を始めるには?

この記事は約 2 分で読めます。

6月18日は

「おにぎりの日」

「考古学出発の日」

「海外移住の日」

の記念日があります。

 

その「海外移住の日」

とは何でしょうか?

 

おそらく聞いたことの

ある方は少ないと思います。

 

多くの日本人が

海外旅行や海外赴任などで

世界各国を訪れていると思います。

 

そのことから海外に興味を持ち、

海外移住したいと考える方も

多くいると思います。

 

しかし現実問題として、

日本から離れて

海外移住を始めるには

どうすれば良いのでしょうか?

 

今回は「海外移住の日」に合わせて、

海外移住について紹介していきます。

 

スポンサーリンク

「海外移住の日」の由来は?

 

「海外移住の日」は日本から海外各地へ

移住した人々の歴史や、

国際社会への貢献などを振り返り、

日本と移住先国との友好関係を

促進するための記念日になります。

 

1908年(明治41年)6月18日

第一団の日本人移住者(ブラジル移民)

781人を乗せた移民船「笠戸丸」が

ブラジルのサントス港に

初めて入港しました。

 

このことを記念して、

1966年(昭和41年)に

総理府により制定されました。

スポンサーリンク


海外移住を始めるには?

 

海外移住に必要なものとして、

書類の手続き、仕事、貯金

など様々なものが

必要になってくると思います。

 

しかし、最も大事なのは

その国に馴染めるか

どうかです。

 

そのため、

その国についてある程度

調べることは勿論のこと、

実際に暮らしてみなければ

分からないこともあります。

 

まずは何ヶ月か

ロングステイで滞在してみて、

移住を検討するのが良いです。

 

特に、

日本の持ち家を処分することや

外国の物件を購入するのは、

よく考えなければいけないです。

 

これは完全に移住してしまうと

日本に帰国することが

難しくなるからです。

 

その上で海外生活は

自己責任で行動して、

しっかりと自立した人間として

振る舞う必要があると思います。

 

ハーバード大学で一番人気の国は?

 

海外移住の日2

 

海外移住で人気の国は

人それぞれ好み価値観が違うので

一概に言えないと思います。

 

そのため万人に合った国は

存在しないと思います。

 

しかし、

こんな本があります。

佐藤智恵著

『ハーバードでいちばん人気の国・日本』

です。

 

ハーバード大学生が毎年主宰する

日本ツアー「ジャパントレック」

の定員は100名ですが、

定員がわずか数分で

埋まってしまうそうです。

 

ハーバードといえば、

世界最高峰の頭脳が

集まるところだと思います。

 

その頭の良い人達が

日本を認めてくれる、

人気があるのは個人的には

嬉しかったです。

 

こんなことから

住んでいる国に誇りをもてる、

愛着がもてるということも

大切なのかもしれません。

Pocket

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ