6月1日はなぜ真珠の日?由来,真珠の種類,相場も紹介!

この記事は約 2 分で読めます。

6/1は

「国際子供の日」

「電波の日」

「気象記念日」

「写真の日」

「チーズの日」

など数多くの記念日あります。

 

その日の記念日に

「真珠の日」

があります。

 

真珠は貝から

採れる宝石の一つです。

 

その光沢の美しさから

「月の雫」

「人魚の涙」

と呼ばれるほどで

古くから世界各地で

重宝されてきました。

 

今回は真珠の日に合わせて、

由来や真珠の定義、種類、相場等

紹介したいと思います。
 

スポンサーリンク

「真珠の日」の由来や考えた人は?

 
真珠の日は

1965年(昭和40年)に

日本真珠振興会が制定しました。

 

真珠の誕生石が6月

が由来となり、

6月最初の6/1を

記念日にしました。

 

ちなみに真珠の石言葉は

「健康・富・長寿・清潔・素直」

などになります。

真珠とは?お手入れ方法は?

 
真珠は貝の体内で

生成される宝石で、

生物が作り出す鉱物で

「生体鉱物(バイオミネラル)」

と呼ばれます。

 

貝殻を作りだす外套膜が

貝の体内に偶然入ること

によって天然真珠が生成されます。

 

真珠の種類は

「アコヤ真珠」

「白蝶真珠」

「淡水真珠」

「マベ真珠」

「コンクパール」

などあり、

様々な形や色があります。

 

また、

真珠の主成分は

炭酸カルシウムであるため、

熱、アルカリ、酸を苦手とします。

 

そのため

汗がついたままだと

光沢が失われるので、

着用後は柔らかい清潔な布で拭く

などの手入れが必要です。
 

スポンサーリンク


真珠のランク別相場は?

 
真珠はその年に採れた真珠の

良し悪しや需要などの流通

によって価格が異なります。

 

あくまで目安として、

真珠ネックレスが

5万円以下の真珠は

平均以下の品質

と思ったほうがいいでしょう。

 

また、

販売者も商売ですから

損してまで売ることはないと思います。

 

真珠ネックレスが

通常価格より大きく値引きで

販売しているもの

(10万円が3万円で販売)

は慎重に検討した方が良いでしょう。
 

真珠の重さの計量単位は?

 
日本が真珠の養殖を

世界で初めて実用化したことから、

日本古来の尺貫法に由来する

「匁(もんめ)」

が真珠の重さの単位として

世界的に使われています。

 

1匁は3.75g

で5円玉硬化の重さに相当します。

 

日本の計量法上では

「真珠の質量の計量」

にのみ使用することが認められ、

この場合の単位名称は

ひらがなで

「もんめ」

であり

「匁」

ではありません。

 

また、

匁(もんめ)は海外向けには

「momme」と表記し、

単位記号は「mom」

で使用されています。

 

冠婚葬祭でも使われる真珠は

便利な装飾品でもあり、

親しみのある宝石だと思います。

 

それらの真珠の魅力は

その光沢にあり、

自然の海から作られる真珠は

純粋さや透明さを表し、

多くの人々を魅了してきた

のではないでしょうか。

 

Pocket

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ