1/22はなぜカレーの日!?由来は?カレー健康効果

この記事は約 3 分で読めます。

大人も子どもも大好き、カレー!

 

家庭でも学校給食でも街の中でも、

カレーは日本人に欠かせません。

 

そのカレーが日本で初めて食べられたのは、

はるか昔1858年。

 

鎖国を廃止した日本が開港し、

イギリスから横浜に持ち込まれた時です。

 

インドのカレーとは全く違う独自の

スタイルで日本のカレーライスが

人気をなのは周知の事実ですが。

 

1月22日がカレーの日

ということはご存知ですか?

 

スポンサーリンク

カレーの日の由来

 

1982年、学校給食開始35周年のことです。

 

全国学校栄養士協議会が

1月22日の給食のメニューをカレーにする

ことに決めて、全国の小中学校で

一斉にカレー給食が出されたのです。

 

野菜も肉もたっぷり入ったカレー、

子ども達に栄養があっておいしい給食を

提供したいという思いから始まりました。

 

現在でも学校給食の人気メニューとして

定番になっています。

 

この1月22日のカレーの日にちなんで、

政令指定都市ランキング(平成24~26年平均)

の調査が行われています。

 

カレールーの全国都道府県の

支出金額と購入数量の結果があります。

 

カレールーの購入量が最も多いのが、

1位鳥取市

2位青森市

3位金沢市

となっています。

 

カレーは全国的に人気ですが、

ここの出身の方は特に好きな様です。

 

お友達にいたら一度聞いてみては?

カレーの健康効果

 

さてこのもはや国民食といっても

過言ではないカレーの素晴らしい

健康効果をご存知でしょうか?

 

じつはこのカレーに含まれるスパイスが

とても重要な役割を果たしています。

 

カレー特有の黄色い色は実はウコン。

 

コリアンダーやシナモンなどが香り高く、

昔から漢方薬として使われてきました。

 

これらのスパイスは食欲不振や

夏バテなどに効く作用がありますし、

殺菌作用、風邪予防にも効果をもたらします。

 

暑い国のインドでカレーが

常食されていることも、

こういった効果があるからなのですね。

 

インドカレー

 

とくにウコンにはポリフェノールが

豊富なクルクミンが含まれています。

 

このクルクミンは抗酸化作用が

認知症予防に非常に効果的

であることもわかっています。

 

さらにウコンの美肌効果も

知られています。

 

ニキビや吹き出物対策に

ウコンはインドでも昔から常用されています。

 

さらに整腸効果と便秘予防効果と相まって、

デトックス作用で体内が美しくなり、

肌あれにも効くということなのです。

 

今では周知の二日酔いに効くウコン。

 

普段からカレーを食べると二日酔いだけでなく、

健康的な毎日をおくれそうですね。

 

スポンサーリンク


カレーのイベントはある?

 

実は1月22日のカレーの日にちなんで、

 

①カレー店では特別メニューを提供

②イベント会場で有名カレー店が出店

 

等があり、たくさんのお客さんで

にぎわっているの知っていましたか?

 

日本のカレーの発祥の地である横浜では、

B食祭として横浜を代表するカレー店が出店し

人気となっていました。

 

また東京は神田は老舗カレー店がひしめく街。

 

秋にはカレーにちなんだイベントが

毎年開催され大人気なのです。

 

季節を問わず、

ときどき無性に食べたくなるカレー。

 

味も栄養効果も文句なしの

国民食といえるかもしれませんね。

 

レトルトカレー人気ランキング3選

 

最近のレトルトカレーのクオリティは

すごく高くなっていると思いませんか?

 

そんな中のトレンドを紹介します。

 

1位:レストラン ユースオンリー

ここはめちゃくちゃ有名なお店です。

 

カレー好きなら知っている店かと思います。

 

 

2位:ゴーゴーカレー

金沢のカレー消費量は全国ランキングに

入るだけあって、その発祥と言える味は

確かなものです。

 

 

3位:松坂牛カレー

これはテレビ効果が大きいです。

 

人気番組でも紹介されていたのは見ましたし、

松坂牛はインパクトが強いですね。

 

 

最後にこんなのもお勧めす。

世界のカレーを是非色々味わってみては?

 

 

Pocket

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ