年賀状を疎遠の相手送りたい!困った時の一言例文集


この記事は約 2 分で読めます。

毎年、親しい相手に

年賀状を出していますか?

 

最近ではメールなどで済ませてしまう人が

多いのではないかと思います。

 

年賀状をもらうと新しい年を迎えた実感が

湧いてきますよね。

 

年賀状には去年のお付き合いの感謝と

共に新しい年を祝う気持ちを込めます。

 

疎遠にしている人に年賀状を出す時、

何を書こうかと悩んだ事はありませんか?

 

近況が分からない分、

どんな言葉にしたらいいか分かりませんよね。

 

今回は疎遠にしている人にも

年賀状を送れる様に一言例文集

をまとめました。

 

スポンサーリンク

疎遠な友人の場合

 

疎遠にしている友人には、

あまり硬くならなくても

近況や今年の目標などを伝えるのがいいです。

 

近日の思い出写真を

のせると良いと言われています。

 

記念写真

 

◇例文(友人に出す場合)
・今年は○○を頑張ってみようと思います。
・最近、仕事を始めました。
・元気にしてますか?たまには会いたいですね。
・○○ちゃん(子供)は大きくなりましたか?

スポンサーリンク


疎遠な親戚の場合

 

疎遠にしている親戚には、

少し硬い一言で失礼のないように。

 

近況や送る人を気遣う言葉がよさそうです。

 

家庭をお持ちの場合、秋にどこかへ行った

時の家族写真をのせると良いです。

 

家族写真

 

◇例文(親戚に出す場合)
・ご無沙汰しております。
・お元気でお過ごしでしょうか?
・昨年は夫婦仲良く無事に過ごす事が出来ました。
・お体を大切にお過ごし下さい。
・我が家は元気に過ごしております。
・またお会いできたら嬉しいです。

 

疎遠な職場の方の場合

 

疎遠にしている目上の人や会社の人には

近況報告や感謝の一言を添えます。

 

大事なのは敬う気持ちです。

 

会社の上司に感謝

 

◇例文(会社の人に出す場合)
・昨年はご指導頂き、有難うございました。
・○○して頂いた事に感謝しています。
・入社○年を迎えました。
教えて頂いた事をこれからも活かして参ります。

 

疎遠になってしまっている事に対する、

申し訳ない気持ちや送る相手の体を気遣う言葉、

迎えた新しい年を祝う前向きな気持ちなどを

盛り込んでいくといいと思います。

 

相手の顔を思い浮かべながら硬く考えすぎず、

言葉を選んでいきたいですね。

 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ