教育ローンの審査に通らない驚きの理由は?


この記事は約 2 分で読めます。

子供の教育にかかる費用は、

大きな負担になる事が多くあります。
 

そんな時に、

教育ローンに申し込む人も

多いのではないでしょうか?
 

「教育ローンに申し込んだけど、

審査に通らなかった」

 
「教育ローンの審査に通るか不安だ」
 

審査に通らない事には、

何かしらの理由があります。
 

今回はそんな

「教育ローンの審査に通らない理由」

についてまとめました。
 

スポンサーリンク

教育ローンとは?

教育ローンは、

子供の入学・在学の資金など、

教育に関わる資金を借りる事ができる

ローンの事です。
 

国の取り扱う

「教育ローン(教育一般貸付)」

と銀行や信用金庫などが取り扱う

「民間の教育ローン」

があります。
 

教育ローンに申し込むと、

資金を貸すかどうかの審査がありますが、

他のローンに比べて、

審査の基準が厳しいと言われています。
 

スポンサーリンク


教育ローンの審査が通らない理由は?(修正可能j)

基本的に、

審査に通らなかった理由を

教えてもらう事はできません。
 

そのため、

明確な理由はわかりませんが、

一般的に言われている理由を紹介します。
 

◇申し込み条件を満たしていない
 

 
教育ローンを申し込むには、

条件が決められています。
 

世帯年収や勤続年数・資金の使途など、

教育ローンごとに

細かい条件は異なります。
 

これらの条件を満たしていない場合は、

当然審査に通らないので、

事前にしっかり確認しましょう。
 

しかし、条件を満たしていても

条件ぎりぎりの場合は、

審査に対する目が厳しくなり

通りにくくなるので、

余裕があるほうが有利と考えられています。
 

教育ローンの審査が通らない理由は?(修正不可能)

教育ローンを組むのに

ありがちな問題ですが、

これに当てはまると審査を通すのは

不可能といっても過言ではありません。
 

◇信用情報に問題がある
 

 
申込者の信用情報に問題があったり

懸念があったりする場合は、

かなりの確率で通らなくなります。
 

ここでいう問題や懸念は、

借入の情報が多数あったり

支払いの延滞や債務整理の情報などが

あったりする場合の事です。
 

一般的には、

  • 「信用情報に傷がある」
  • 「ブラックリストに載っている」

などと言われています。
 

信用情報とは、

氏名や住所はもちろん

クレジットやローンの契約や支払いなどに

関する個人情報の事です。
 

 
個人の信用情報は、

  • 「日本信用情報機構」
  • 「シーアイシー(CIC)」
  • 「全国銀行個人信用情報センター」

の3つの信用情報機関が、

収集や管理をしており

加盟している金融機関などは

いつでもその情報を見る事ができます。
 

支払いの延滞や自己破産などがあった場合は

その情報が5年から10年程度

信用情報に登録される事になります。
 

各金融機関は、審査の際に

この信用情報を必ず参照します。
 

教育ローンの審査は、

厳しくなっています。
 

条件を満たしていても、

信用情報に心配があるという場合は、

信用情報機関に開示請求ができるので

一度確かめてみるのも良いかもしれません。
 

教育ローンを選ぶ時は、

自分に合った教育ローンを

選ぶようにしましょう。
 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ