2/19はなぜプロレスの日?やらせってホント?


この記事は約 2 分で読めます。

プロレスファンなら

知っていて当然のプロレスの日!!

 

伝説の試合が由来となっています。

 

今回はプロレスの日にちなんで、

由来やプロレスはやらせなのか?

といった疑問をまとめました。

 

スポンサーリンク

プロレスの日の由来

 

1955年2月19日に日本で初めて

となるプロレスの本格的な

国際試合が蔵前国技館で行われました。

 

その際行われた試合が

力道山・木村政彦×シャープ兄弟

の試合です。

 

その事が由来で

プロレスの日となっています。

 

相撲界からプロレスラーに転向した

力道山は日本プロレス協会を設立しました。

スポンサーリンク


皆で楽しめるイベントUGOKAS!

 

プロレスのイベントと言えば、

これはご存知でしょうか?

 

夏季限定でオープンした

UGOKAS(ウゴカス)!!

 

様々な爽快体験ができる

アトラクションを集めている

テーマパークです。

 

スライダープールや

ウォールクライマーなど、

大人も子供も一緒に

体を動かして楽しめます。

 

そんなウゴカスで

「ウゴカス体操で5万人ウゴカスプロジェクト」

の第2弾としてイベントが開催されました。

 

テーマは「プロレス」で、

パフォーマーや来客者全員で

ウゴカス体操をします。

 

一番気になったのは体の肉体美や技を

アピールするコンテストです。

 

プロボクシングやプロレスラーの方が

審査してくれたそうです。

 

自慢の肉体美を披露するチャンスですね。

 

また、プロレスファンにはたまらない

プロレス教室も開催されました。

 

先着30名限定で特設リングで

プロレス体験が出来ました。

 

人気のレスラーに直接プロレスを

教えてもらえるなんて凄いですよね。

 

他にも人気レスラーが

プロデュースしている飲食店の出店もあり、

プロレス好きのみならず沢山の人が

楽しめる工夫がされています。

 

このイベントをきっかけに

プロレスが好きになれるでしょう。

 

プロレスはやらせ?

 

プロレスはやらせなのか

疑問に思っている人がいますよね。

 

実際プロレスにはシナリオがあります。

 

しかし、個人的にはやらせとは

違うのではないかと思います。

 

プロレスはエンターテイメント

だと言われています。

 

シナリオに合わせて

技をしかけたり

技をかけられたりしますが、

プロレスラーは体を張って

試合をしています。

 

プロレスを見て感動する人が

いるのはどうしてなのか?

 

それはシナリオがあっても

本気のやり取りがあるから

ではないかと思います。

 

本気の技の掛け合いにファンは

魅了されているのです。

 

女性は痛そうだし怖いしで、

プロレスを見ない人が多いと

思っていましたが、最近では

プロレス好きの女性が

増えているそうです。

 

熱気あふれる試合を観戦したら、

益々ファンが増えますね。

 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ