4/6なぜ城の日!?日本のマチュピチュ「竹田城跡」?

この記事は約 2 分で読めます。

最近「歴女」という言葉ができるほど、

歴史ブームです。

 

歴史の中でも人気なのは戦国時代ですよね。

 

そんな戦国時代を直に感じれるお城。

 

今回はお城の記念日の由来や

日本のマチュピチュを紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

城の日の由来

 

1991年に姫路市が市の復興の為に

4(し)6(ろ)の語呂合わせで

4月6日を城の日と制定しました。

 

姫路城は1333年に

赤松貞範によって築かれました。

 

その後羽柴秀吉や池田輝政などの手により

現在の様な大規模な城郭となりました。

 

その後1993年12月11日

「世界文化遺産」に登録されました。

 

姫路市では現在、城の日を12月11日とし

通常大人1000円、小中高生300円の

入場料が無料になります。

 

ちなみに10月1日は乳がん啓発のため

ピンクにライトアップされ、いつもとは

違った姫路城を見ることができます。

 

姫路城以外の日本各地にあるお城

についても調べてみました。

スポンサーリンク


一度は見てみたい絶景!
「竹田城跡」

 

姫路城は「白鷺城」とも呼ばれる

その美しさでとても有名ですが、

雲の上に浮いた様に見える

お城があるのをご存知ですか?

 

兵庫県朝来市にある竹田城は

「天空の城」と呼ばれています。

 

現在は石垣しかありませんが、

古城山の山頂に築かれているため、

雲海の上に浮かぶ姿が絶景とされています。

 

雲海の出やすい秋から2月頃までが

ベストシーズンです。

 

朝の7時頃から朝霧に浮かび上がる

神秘的な姿を見ることができます。

 

CMで放送されたこともあり、

近年とても観光客が増えたため、

雲海シーズンの休日はとても混雑します。

 

 

シャトルバス「雲海バス」は始発4時、

麓の山城の郷からのバス「天空バス」は

8時から運行しています。

 

観覧料金は高校生以上500円、

中学生以下無料となっています。

 

観覧時間は雲海シーズンの

9月19日から12月10日

午前4時~午後5時

となっています。

 

一番強いお城はどこ?

 

有名なお城はたくさんありますが、

一番強いお城がどこだったのか気になりますよね。

 

時代や条件が異なりますので

どこが一番とは言いがたいのですが、

落城しなかったという面で

「小田原城」「熊本城」「大坂城」

の名前があがります。

 

・小田原城
規模の大きさで群を抜いており、

上杉謙信や武田信玄でさえ攻め落とせなかった。

豊臣秀吉による兵糧攻めにより開城された。

 

・大坂城
徳川家光でさえ攻め落とせず、

「和議」で戦いを終わらせたとされている。

 

・熊本城

城造りの名手加藤清正により、当時の技術を

余すところなく取り入れられており、

実戦に非常に強い。近代戦である「西南の役」

では一兵も城に入れなかったと言われている。

 

日本にはたくさんの名城があります。

 

今では考えられない様な当時の技術を学び、

歴史を感じれるお城巡りに行ってみませんか?

 

Pocket

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ