3/14はなぜホワイトデー!?由来や考えた人は?

この記事は約 3 分で読めます。

ホワイトデーって日本が

発祥って知ってましたか?

 

東南アジアにも広がりつつありますが、

欧米ではホワイトデーの習慣はありません。

 

バレンタインデーにプレゼントを

贈りあうので、お返しの日を設ける

必要がないのだそうです。

 

今回はそんなホワイトデー

についてまとめました。

 

スポンサーリンク

ホワイトデーの由来

 

なぜ3月14日にしたのでしょう?

 

さかのぼること、ローマ帝国時代。

 

兵士の自由結婚禁止にそむいた男女がいました。

 

これを救ってくれたのがバレンタイン司教。

 

その司教が殉教した

1か月後の3月14日、

その男女が結婚した事に

由来したという説が有力です。

 

ホワイトデーの名前についても

諸説あります。

 

お菓子の材料の砂糖が白いことや、

純白のイメージが恋愛イベントに

マッチしているという事で

「ホワイトデー」となったそうです

 

ホワイトデーは昭和40年代頃からお

菓子業界がバレンタインデーのお返しを

する日として徐々に広めたという事です。

 

バレンタインデーも

ホワイトデーの由来と似ています。

 

⇒2/14はなぜバレンタインデー!?

由来や考えた人は?

スポンサーリンク


義理チョコへの予算は?

 

では実際にホワイトデーには

どういったものが贈られてるでしょうか?

 

職場などでの義理チョコや先輩や親友への

お返しはチョコレートやクッキーなどの

お菓子が喜ばれています。

 

コンビニのお菓子は有り合わせ感が

強いので避けた方が無難です。

 

デパートなどで取り扱っている

お菓子は評価が高いです。

 

準備するのが難しい時は、少なくとも頂いた

チョコレートより高価なものを選びましょう。

 

お菓子以外に紅茶なども人気があり、

平均予算は1000円前後です。

 

最近話題のココナッツオイルやチアシード、

香りのいいハンドクリームも手頃で

女性受けが良いでしょう。

 

後に残らない物の方が受け取る側の女性も

気を遣わないで済むという意見が多い様です。

 

本命チョコへの予算は?

 

本命の彼女の場合も、やはり頂いたものより

高価なものを贈った方がいいでしょう。

 

ブランドのお菓子、いつもより少し

豪華な食事などでお返しをすると

喜ばれると思います。

 

クリスマス程予算をかける事もないですが、

頂いたものの2倍くらいは考えておいて

間違いないでしょう。

 

平均すると、予算は5000円です。

 

アクセサリー、バッグなどの

ファッション小物は女性への

プレゼントの定番ですね。

 

女性の好みを日頃から理解しておくと

ポイントが上がります。

 

自分の趣味にあったものを

プレゼントされれば女性の

気持ちも上がるでしょう。

 

もう少し予算をおさえたところだと、

花束や観葉植物も喜ばれると思います。

 

花をもらって喜ばない女性は少ないので、

好みの品を選ぶ自信がなくても

花束なら失敗が少ないでしょう。

 

もちろん宅配もできるので、花束や植木を

担いで街中を歩かなくてもすみます。

 

もし花瓶がない、水やりをする時間がない、

といった女性に送る場合は

プリザーブドフラワーがお勧めです。

 

プリザーブドフラワーは手間いらずで

長持ちなうえ、かなりセンスのいい

アレンジメントがたくさんあります。

 

大体の商品はボックスなどに入っているものが

多いので持ち運びも楽です。

 

自分の願いも若干込めて、

お返しの品をリストアップしました。

 

よろしければ参考にして頂き、

大好きな人とホワイトデーの幸

せな時間をお過ごしください。

 

Pocket

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ