3/14はなぜ数学の日!?賞金1億円の数学問題がある?


この記事は約 2 分で読めます。

3月14日と言えばほとんどの人が

ホワイトデーを思い浮かべる

のではないでしょうか?

 

実はこの日、

数学の日とも呼ばれています。

 

数学の日にちなみ、

数学の日の由来や難しい問題

にnついてまとめました。

 

スポンサーリンク

数学の日の由来

 

皆さんご存知の

円周率「3.14」にちなんで

1997年日本数学検定協会が

3/14を数学の日と定めました。

 

また、この日はアインシュタインの

誕生日でもあります。

 

円周率は

3.1415926535・・・・・

と無限に続くのですが、

その桁は10兆桁を超える

とも言われています。

 

円周率は数学の中でも大変重要な定数

とされていることから、世界各国では

「円周率の日」とも定められています。

 

そのため、円周率である

3月14日15時9分に「パイ」

を食べて祝う学校もあるそうです。

 

なんだかおもしろい風習ですね。

スポンサーリンク


懸賞金1億円の問題!?

 

世界で最も難しい数学問題は何かというと

「ミレニアム懸賞問題」

だと言われています。

 

下記の7問(ポアンカレ予想は解決済み)

を解くことができれば

1億円の懸賞金

がもらえるそうです。

 

また、数学のノーベル賞と言われる

フィールズ賞の受賞が間違いない

と言われているほどの難問です。

 

①ポアンカレ予想(解決済)

②P≠NP予想

③ホッジ予想

④リーマン予想

⑤ヤン-ミルズ方程式と

質量ギャップ問題

⑥ナビエ-ストークス方程式の解の

存在と滑らかさ

⑦バーチ・スウィンナートン

=ダイアー予想

 

ぱっと見た所、

問題の意味さえわかりません・・

 

この他にも未解決の問題は

たくさんあります。

 

例えば

・双子素数の問題

・ゴールドバッハの問題

・コラッツ予想

 

いずれも数学の大学院生くらいの

知識がないと問題の意味を

理解する事さえ不可能だそうです。

 

数学の世界は深いんですね。

 

1+1=2の証明は激難問題!?

 

1+1=2、簡単ですね。

 

では、1+1=2は証明できますか?

 

簡単そうに思える問題ですが、

これを証明するには、

ノートを何ページも使って

証明する必要があります。

 

日本人の連続ノーベル賞を受賞が

話題となっていますが、

普段当たり前だと思っていることに

疑問を抱き、原因を突き詰めるため

並々ならぬ努力をする人達なのでしょうね。

 

最後に頭の体操を少ししてみませんか?

 

【問 題】

1=1 2=2 3=3

4=5 5=4 6=4

7=2 8=□

□に入る数字は何でしょう?

 

まず。ヒントが欲しい方。

 

 

【ヒント】

数字をいろいろな言葉に

置き換えてみましょう!

 

では。答えはこちら。

 

 

【答 え】

【解 説】

漢数字の画数を意味している。

8を八と書くと2画

 

こういう柔軟な発想がある人ほど、

未解決の問題を解くことが

できるんでしょうね。


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ