4/10なぜ交通事故死ゼロを目指す日?取り組みは?


この記事は約 2 分で読めます。

交通事故死は

1950年代より減り続けています。

 

しかし、近年では高齢化に伴い

高齢者の事故は年間50%以上

になってきています。

 

さらに、お酒の様な危険ドラッグ

による事故も増加しているのです。

 

この様な社会問題に対し、

交通安全に対する国民の意識を高めるため、

【交通事故死ゼロを目指す日】

が設けられたのです。

 

今回は交通安全の意識を高めつつ、

交通事故について色々まとめました。

 

スポンサーリンク

交通事故死ゼロを目指す日
の取り組み

 

4月10日は平成20年より

【交通事故死ゼロを目指す日】

とされています。

 

実は2月20、9月30日

にも同様の日があります。

 

【交通事故死ゼロを目指す日】とは、

日本政府が生活安全プロジェクトの

一環として実施している記念日なのです。

 

ではこのプロジェクトの

取り組みをまとめてみました。

 

◇交通事故死ゼロ

目指す日の取り組み

①正しい交通マナーの普及・浸透

②交通ルールの尊厳の普及・浸透

③道路環境の改善

④子供と高齢者の交通事故防止

⑤自転車での安全利用推進

⑥シートベルトの正しい着用

⑦飲酒運転の根絶

⑧携帯電話使用の根絶

 

交通事故死という悲しい出来事を

少なくするためにも、上記に注意して

運転するようにしましょう。

大事故①
「黄色い羽根きっかけの事故」

 

昭和30年、大きな事故がありました。

 

それは修学旅行生の小学生を

乗せたバスが運転を誤りました。

 

そのバスは欄干を破り川に転落、

12人の死者を出しました。

 

そしてその事故を期に、

黄色い羽根が「交通安全運動」で

配布されるようになったのです。

 

スポンサーリンク


大事故②
「史上最悪のバス事故」

 

昭和43年の集中豪雨の時です。

 

バス2台がスリップし、

107名の内104名が亡くなるという

バス事故史上最悪の惨事となりました。

 

「飛騨川バス転落事故」と後々にも

語り継がれる事故となってしまいます。

 

その大きな事故を忘れずに、

雨の運転にも気を付けたいものです。

 

年間の死亡事故数

 

大事故はなくても、

実は年間の死亡者はとても多いです。

 

毎年の死亡事故数は4000人を

超える数となっています。

 

日々に換算しても

一日10人以上の死者が出ています。

 

昭和30年、43年のみならず、

小さな事故も大きな事故も事故ですから、

命を大切に安全運転に

心掛けていきたいと思います。

 

そして、今後

【交通事故死ゼロを目指す日】

のみならず、日頃の運転に

十分な気を配り運転して頂きたいです。

 

「だろう」、「つもり」が起こした事故が

大きな事故に繋がるのです。

 

今後も【交通事故死ゼロを目指す日】を

よく理解し、普段からの交通事故防止の為に

心構えをして運転していくべきです。

 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ