年賀状が元旦に届くまでの期限?ぎりぎりの場合は?

この記事は約 2 分で読めます。

朝晩涼しく風が心地よい季節を迎えました。

 

ということは、もうすぐ今年が終わってしまうということですね・・

 

つまりそろそろ年賀状の準備を考えないといけない時期になっているではありませんか。

 

11月にもなると月日のたつのも早くて気付けば年賀状受付開始になっていることも十分考えられます。

 

今回は年賀状を送るタイミング別でまとめました。

 

スポンサーリンク

年賀状の受付期間は?

 

毎年ギリギリで出しているのですが、以前大晦日に出しても元旦に届いていたような記憶があり。

 

去年12月30日に投函したところ見事、同じ市内でも年明け4日以降に届いたようで上司や友人に対しとても恥ずかしい思いをしました。

 

やはり年賀状はきちんと元旦に届いていなければ社会人としてダメだと情けない思いをしました。

 

まずは通常の年賀状受付期間です。

 

毎年12月15日からスタートします。

 

25日までに投函すると確実に元旦に届くとされています。

 

まずは25日をリミットにして準備を始めましょう。

スポンサーリンク


受付期間(12/25)を過ぎたらアウト?

 

25日に間に合わなかった!という時でも28日までにはがんばって投函しましょう。よほど遠方に出す場合でなければ元旦に届く可能性大です。

 

できれば郵便局のポストなど、少しでも早く取集してくれる所に投函しましょう。

 

大晦日になってしまった!!

 

諦めずに郵便窓口へ行きましょう!

 

お金がかかりますが、速達郵便として出せばほとんどの場合元旦に届けてくれるようです。

 

どうしても元旦に届けたい人がいる場合は窓口で速達で出しましょう。

 

年賀状に必要以上の時間や手間をかけないようにするには早めに準備するのが一番です。

 

簡単便利なスマホアプリで空いた時間に少しづつ作成しておけば、やることの多い年末の休日を年賀状作成に奪われることも少なくなりそうです。

 

アプリは無料で、作成した年賀状は自宅で印刷することもできます。

 

はがき代や印刷代は別途かかりますが、印刷から投函まで手配することもでき忙しい人には大助かりのサービスです。

 

またSNSを通じて住所が分からなくても年賀状が出せる機能もあります。

 

日本郵政の「はがきデザインキット」や「Yahoo!Japan年賀状」などでご自分にあった方法を探して、今年こそ期間中に投函しましょう!

Pocket

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ