11/3はなぜゴジラの日?由来やゴジラの歴史紹介!


この記事は約 2 分で読めます。

最近ゴジラが金曜ロードショーでも

定期的にやっていますよね。

 

ゴジラの人気は言うまでもないですが、

映画はもうすぐ30作品に達しそう

って知っていましたか?

 

そんな人気劣れ知らずなゴジラの記念日や、

ゴジラの歴史についてまとめました。
 

スポンサーリンク

ゴジラの日の由来

様々に作られているゴジラ映画ですが、

ゴジラの日という記念日が存在しています。

 

それは昭和29年東宝にて、

本田猪四郎監督による作品の

【ゴジラ】が11月3日に公開されました。

 

そのことで11月3日はゴジラの誕生日とされ、

ゴジラの日となったのです。

 

今や日本を代表するが如く、

世に送り出された映画【ゴジラ】ですが、

今でも根強いファンも多いです。

 

ハリウッドでも公開される等、

今でも人気はすたれる事なく受け継がれています。

スポンサーリンク


ゴジラの変化と映画数

ゴジラは別名水火星大怪獣と呼ばれ、

存在感から怪獣王とも呼ばれています。

 

そんなゴジラの変化が一目で分かる動画です。

 

昭和では50mの身長が、

84年後頃より始まりました。

 

平成シリーズでは、身長が80mと

変更されているといった所も注目です。

 

顔つきも当初の昭和世代の面影のある、

ずんぐりとした身体に大きな頭が特徴でした。

 

しかし、

VSビオランテからは微妙に細身となり、

顔つきもやや小顔になった変化も見どころです。

 

ゴジラのイベント

各場所で数々のゴジライベントが

日時を問わず行われています。

 

最近で言うならば、

〈ゴジラ生誕60周年記念~金沢上陸!〉

があります。

 

金沢21世紀美術館1階市民ギャラリーAで

公開されました。

 

ゴジラファンは多いので、

たくさんのゴジラファンが集まると思われます。

 

日本を代表とするといって過言ではない

ゴジラの聖地へ行ってみてはどうでしょうか?
 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ