土用の丑の日はいつ?複雑な意味や由来を簡単に解説!

この記事は約 3 分で読めます。

梅雨明けして日本列島が

うだるような暑さに変わるころ。

 

食欲もやる気も失せてしまいそうな

夏の始まりに、街中では

香ばしいうなぎを焼く匂いが・・

 

あちらこちらのお店では

土用の丑の日には

うなぎ!夏バテ防止!食欲増進!

 

とうたう宣伝が見られます。
 
うなぎ
 
そう、土用の丑の日にはうなぎ

を食べるという習慣、日本人には

ほとんど御馴染みといえるでしょう。

 

土用の丑の日にはうなぎ、

と誰もが納得してうなぎが

一年で最も売れるこの食文化。

 

よく考えてみるとそもそも

土用の丑の日って何のこと?

と思ったことはありませんか。

 

実は日本で最も複雑な記念日

言っても過言ではありません。

 

そんな土用の丑の日を絶対分かる様に

解説したいと思います。
 

スポンサーリンク

土用の丑の日はいつ?土用の意味編!

 
土用とは中国古来の思想、

五行説(陰陽五行説とも言います)

に由来します。

 

五行説は季節を五行で表すもので、

木火金水の土の部分のことです。

 

つまり、

春→木行、夏→火行、秋→金行、冬→水行

にあてています。
 
春夏秋冬
 
あれっ?

肝心の土は??

 

土は春夏秋冬ではなく

季節の変わり目→土行

なんです。

 

つまり土用とは、立春、立夏、立秋、立冬

の前の18日間を指します。

 

年によって少し前後しますが、

 

立春の前18日間=1/17~2/3頃
立夏の前18日間=4/17~5/4頃
立秋の前18日間=7/20~8/6頃
立冬の前18日間=10/20~11/6頃

 

つまり、土用は春夏秋冬の季節の

変わり目なので、土用は毎年違うわけです。

 

じゃあ土用の丑の日は季節毎にあるの?

 

はい、あります。

 

ちょっと驚きですよね。

 

じゃあ土用の丑の日は18日間もあるの?

 

いえ、ありません。
 

土用の丑の日はいつ?丑の日の意味編!

 
土用の意味は分かったと思いますが、

これだけだと季節毎に18日間も

土用の丑の日があることになってしまいます。

 

ここで出てくるのが丑の日!

 

丑は皆さんよくご存じの十二支の丑です。

 

干支

 

実は干支は年だけでなく、

日を数えるのにも使われているんです。

 

つまり、

7/11=子の日

7/12=丑の日

7/13=寅の日

7/23=子の日

7/24=丑の日

7/25=寅の日

と12日周期でくるわけです。

 

世間に一番浸透している夏を例にまとめると。

 

土用の=7/20~8/6(立秋の前18日間)

丑の日=7/12、7/24、8/5、8/17

 

これがかぶった日7/24と8/5が

土用の丑の日となるわけです。

 

こんなややこしい記念日は中々ないですね(笑)

 

では、その土用の丑の日にうなぎを

食べる意味はなんでしょうか?

スポンサーリンク


うなぎを食べる意味は?

 
一般的に言われやすいのは、

う、がつくからうなぎ

というだけです。
 
ウナギ
 
特に秋の前の夏の丑の日は、

本当に暑くて体調を崩しやすいですね。

 

古くは江戸時代から、

夏バテ予防や滋養強壮のために

うなぎが好まれていたようです。

 

うなぎに豊富に含まれる鉄分や

ビタミンAといった栄養素、

これらを食べて元気を出そうという考えは

実に理にかなったものなのです。
 

うなぎを食べることを広めた人って誰?

 
歴史のエピソードとして有名なのは、

発明家として名を馳せた平賀源内。
 
平賀源内
 
ある時、

うなぎが売れるにはどうしたら良い?

という相談を受けました。

 

平賀源内は店の軒先に、

本日土用の丑の日:うなぎの日

と書いた張り紙を出すように

アドバイスします。

 

これが江戸の庶民に大受けしました。

 

この時代、現在のように肉を日常的に

食べる習慣はなかったので、

うなぎは貴重なたんぱく源だったのです。

 

タレの甘い香り、

きっと庶民は飛び付いたことでしょう。

 

平賀源内の商魂あふれるアイデアにも

脱帽ですが、以来土用の丑の日はうなぎ、

というのは見事に定着しています。

 

実はうなぎは冬にうま味がまして

美味しいのです。

 

しかし暑い盛りに食べるうなぎが

一番受けるのは、亜熱帯になりつつあるという

日本の現在の気候にもぴったりな食べ物ですね。

 

他の土用の丑の日にうなぎを食べよう、

という商品宣伝活動ももちろんあるのですが、

圧倒的に夏のうなぎが現代日本でも大人気です!
 

Pocket

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ