恵方巻の由来は?コンビニ発ってホント!?

この記事は約 2 分で読めます。

いまや節分といえば

すっかりおなじみの恵方巻。

 

その年の恵方と呼ばれる

縁起の良い方角に向かって、

一気に巻き寿司を食べるものです。

 

クリスマスにケーキが

コンビニの店頭に並ぶように、

恵方巻も2月に欠かせない

縁起物の食べ物として、

寿司店やコンビニ商品

としても定着しています。

 

しかしこの恵方巻、

いつからこんなに一般的に

なったのでしょうか?

 

その由来を紹介しましょう。

 

スポンサーリンク

恵方巻の由来

 

実は恵方巻を食べる習慣は、

大阪が起源だと言われています。

 

土用の丑の日のうなぎの様な、

みんなが食べたくなるなものを、

と考えられたのが

この寒い季節の真っただ中の2月。

 

鬼を祓い、福を呼び込む節分に、

幸せを願って縁起の良い

食べ物・巻きずし。

 

恵方巻

 

その巻きずしの丸かぶりを

食べようという試みを、

昭和24年(1949)に

大阪鮓商協同組合が考えました。

スポンサーリンク


コンビニ発はホント?

 

イベントで巻きずしの早食い競争

などで知名度を徐々に上げました。

 

そこで、コンビニの

ファミリーマートが販売を開始します。

 

昭和58(1983)年、

大阪府と兵庫県での発売でした。

 

しかし、

この恵方巻を全国に広めたのは

実はファミリーマートではなく、

セブンイレブンでした。

 

全国に販路を持つようになった

セブンイレブンが、平成9年(1998)

に売りだしたのをきっかけなんです。

 

そこでこの恵方を向いて

巻きずしを丸かぶりする、

という季節の風物詩は

メジャーな食べ物になりました。

 

大阪で縁起の良い巻きずし

と呼ばれていたものを、

恵方巻と命名したのも

セブンイレブンです。

 

現在の恵方巻

 

クリスマスケーキの予約販売を

コンビニが大々的に行うように、

今や恵方巻は様々なコンビニで

予約販売や、店頭販売を行っています。

 

寒い時期に、春の訪れを感じさせる

印象を持つ恵方巻、

全国に知名度を誇る食べ物として

コンビニ商品としては

大ヒットだといえるでしょう。

 

この人気にあやかるように、

コンビニではない寿司店でも、

節分には恵方巻を商品として売り出します。

 

大阪の一部で始まった巻きずしが、

コンビニの全国販路展開をきっかけに

大人気商品として広まったというのも、

興味深いですね。

 

もともとこの巻きずしには、

かんぴょう、きゅうり、

干しシイタケ、厚焼き卵

だけでした。

 

しかしここ10年は

海鮮恵方巻といって、

マグロやエビといった

通常の寿司ネタになるものが主流ですね。

 

大きさも一気に食べられるような

小ぶりのものから、

豪華な海鮮恵方巻は

とても一人では食べきれないような

大きさのものまでバリエーション

も増えてきています。

 

それぞれの恵方巻で、

春の訪れを今か今かと待ち望む

節分の夜を楽しめると良いですね。

 

Pocket

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ