8/29はなぜ焼き肉の日!?高級店の費用相場は?

この記事は約 2 分で読めます。

「焼き肉が嫌いな人は見たことがありません!」

と言う位、

日本の食に「焼き肉」は根付いています。

 

しかし、

夏になると気温の上昇に

反比例するように食欲は落ちて行きます。

 

なのになぜ8月という暑い日が

記念日となっているのでしょうか?

 

今回はそんな

8/29焼き肉の日の由来に合わせて、

高級店の費用相場や高級部位

についてまとめました。
 

スポンサーリンク

8/29はなぜ焼き肉の日!?

スタミナをつければ

きっと暑い夏も乗り切れる!

と言う事で夏の暑い時期に

焼き肉の日を作る事になりました。

 

夏の中でもなぜ

8月29日に決まったかと言うと

「焼き肉」=「やきにく」=「829」

の語呂合わせからこの日が

一番ふさわしいであろうと決められたのです。

 

こんな簡単な方法で?

と思われるかもしれませんが

目的はみんなに覚えてもらう事です。

 

それならば語呂合わせは

一番有効な手段です。

 

制定後、

各店舗の営業努力や宣伝効果などで

「焼き肉の日」

は一般的に定着して行きました。

 

では、だれが決めたのでしょうか?

 

昔はお祝い事で年に数回

食べていた程度ですが、

今では特定の目的が無くとも

普通に食べるようになっています。

 

この流れに乗って

もっと焼き肉を普及させたい!

と言う事で1993年に

全国焼肉協会が「焼き肉の日」

を制定しました。

 

全国焼肉協会には

小売店や飲食店など多くが加盟しており、

精肉の販売や提供を行っています。

 

8月29日には

これらの協会加盟店が中心となり、

肉の安売りや催し事を

各地で開催したりしています。

スポンサーリンク


焼き肉の高級部位と種類は?

牛肉は部位に分かれて販売されています。

 

高級部位と聞いて、

まず答えが返ってくるのは

「シャトーブリアン」

ではないでしょうか。

 

シャトーブリアンはフィレと

呼ばれる部位から

厳選されたごく少ない量

しか取る事ができません。

 

その為、

ほぼ市場では流通が行われていません。

 

特殊な流通経路を経て、

お店で提供される事から

幻の部位

とも呼ばれています。

 

肉の部位は大きく分けて

15種類に分類されます。

 

一般的に良く耳にする部位は

下記のようなものがあります。

・ミスジ

・肩ロース

・サーロイン

・フィレ

・ランプ

・イチボ

 

一般的に高級だと言われているのは、

サーロインや肩ロースの霜が

キレイに乗っている部位です。

 

程よい食感と上質な脂が

上手い具合に調和し、

食べる人に至福のひと時を与えます。
 

高級焼き肉店の費用相場は?

「高級焼き肉店」に食べに行く

となると

簡単に行く事はできません。

 

事前準備が必要です。

 

大体どれ位のお金を

準備して行けば良いのでしょうか。

 

 

通常焼き肉に行く際の予算は

1人当たり約4,000円

と言われています。

 

だいた高級焼き肉店の予算は

通常の3倍、

1人当たり

約10,000円~15,000円

を目途にすれば良いかと思われます。

 

Pocket

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ