7/7はなぜ七夕?笹竹,短冊の由来,処分方法は?

この記事は約 2 分で読めます。

7/7の七夕は日本人なら

ほとんどの人が知っている行事です。

 

しかし、その反面。

七夕、笹竹、短冊、網飾り、千羽鶴

などの由来や意味

は意外と知られていません。

 

今回はそんな七夕の疑問を知って、

ちゃんと願いを込めて

祝えるようまとめました。

 

スポンサーリンク

 七夕の由来は?

 

七夕の由来は、

二つの出来事からきています。

 

①中国から奈良時代に伝わった

針・織り糸を織女星に供える

乞巧奠(きこうでん)という星祭り。

 

②元々日本にあった神事である

棚機(たなばた)と言う禊行事。

この行事は、

選ばれた乙女が

機屋にて神様に秋の豊作を祈って

心を込めて着物を織る

という行事です。

この行事はお盆を迎える準備として

7月7日の夜行われるようになりました。

 

この二つの行事が結びつくことで

日本の七夕は生まれたと言われています。

 

77七夕3

 

江戸時代から

年間の節目となる日である節句に

七夕が制定されたことで、

庶民など多くの人にも周知され

祝われるようになりました。

 

ちなみに、

七夕を「たなばた」と呼んでいるのは、

さきほど紹介した

棚機という禊行事の名前から

きていると言われています。

 笹竹、短冊、網飾り、千羽鶴の由来は?

 

七夕には昔から

笹竹に願い事を

短冊に書いて吊るす

といった風習があります。

 

こういった風習が

行われるようになった由来は、

江戸時代からです。

 

江戸時代には手習い事をする人、

寺子屋で学ぶ子どもが増えたことから

勉強などの物事の上達や夢を

短冊に綴り吊るすようになった

と言われています。

 

笹竹に吊るす短冊以外の

七夕飾りにもそれぞれ意味があります。

 

77七夕

 

「網飾り」

魚を捕る網のような網飾り。

豊年豊作大漁の願いが込められて飾られており

幸せをすくい上げる

といった意味も込められているようです。

 

「千羽鶴」

長寿の象徴である鶴を、

折り紙で折り飾ることで

長寿を祈る意味で吊るされ、

 

「巾着」「財布」

を吊るすのは金運上昇を願うために吊るされます。

 

七夕飾りにはそれぞれの

願いを込める思いから

付けられています。

 

スポンサーリンク


 笹竹、短冊の処分方法は?

 

これらの笹竹や七夕飾りは

七夕の夜のためのものなので、

翌日には取り外しましょう。

 

本来七夕飾りは

川に流して清めるものですが、

折り紙など七夕飾りを

川に流してしまうと

不法投棄や川を汚すことになってしまいます。

 

七夕飾りの処分方法は小さく切って、

ゴミと一緒にゴミの日に処分しましょう。

 

願いの書いた短冊の処分方法は、

近くの神社や寺に持って行くことで

お焚き上げをしてもらうことができます。

 

そうめんを食べる意味は?

 

七夕にはそうめんを食べる

という風習がありますが、

約千年前から七夕の行事食

であったと言われています。

 

七夕に食べるそうめんの由来は、

中国から伝わった索餅という

小麦粉料理が最初です。

 

日本では索餅からそうめんに変化し、

七夕で食べられるようになった

という説や、

そうめん自体を天の川に

見立てて食べられるようになった

という説があります。

 

Pocket

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ