父の日プレゼントの花は何?ひまわり?バラ?

この記事は約 3 分で読めます。

父の日にプレゼントを

渡した事はありますか?

 

父の日は6月の第3日曜日です。

 

母の日よりも存在感が薄い父の日ですが、

お父さんだってもしかしたら父の日を

楽しみにしているかもしれません。

 

日頃は照れくさいと思ったりして

「ありがとう」

と言えない事もありますよね。

 

感謝の気持ちを込めてプレゼントを

渡せば、お父さんは喜んでくれるはず。

 

しかし父の日にはどんなプレゼントが

喜ばれるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

父の日の人気プレゼント

 

父の日の定番なプレゼントは

こんな感じです。

 

◇お酒

ビールや焼酎、日本酒や洋酒などの

お酒はプレゼントに人気が高いです。

有名な銘柄のお酒やお父さんの好みを

リサーチして贈りたいですね。

ラベルに感謝の言葉を入れても素敵です。

おつまみを合わせても喜ばれると思います。

 

◇グルメ

普段は食べないような高級な

お肉や海鮮、うなぎや果物などは

食べる事が大好きなお父さんに人気です。

普段自分で買ってまでは食べないけれど、

プレゼントされたら嬉しいものです。

 

◇スイーツ

洋菓子や和菓子など甘い物が

大好きなお父さんに人気で、

カステラやプリンなどお取り寄せの

スイーツも喜ばれます。

 

失火うファッションギフト

ポロシャツや甚平、仕事で使う事のできる

ネクタイやワイシャツなど、

オシャレに気を遣わないお父さんに

たまには少しオシャレなものを選びましょう。

 

だいたいの方は食べ物や

仕事に使うものがほとんどですね。

スポンサーリンク


父のに日に贈る花

 

父の日にお花を贈った事はありますか?

 

母の日はカーネーションを

贈るイメージが強いですよね。

 

父の日に贈る花のイメージが

沸かない人も多いのではないかと思います。

 

どんな花をプレゼントしたら良いのでしょうか?

 

父の日に最もふさわしい花は

「バラ」

です。

 

その次に人気な花は

「ひまわり」

です。

 

活発で元気のあるイメージの花なので、

バラを贈る事に抵抗がある人も

贈りやすいのではないかと思います。

 

父の日のイメージの黄色でもありますよね。

 

しかし 。。。

 

なぜバラっ!?

 

と思う方も多いんじゃないでしょうか?

 

バラを贈る理由

 

バラを父の日に贈る様になったきっかけは、

アメリカの女性が男手一つで

育ててくれた父への感謝の思いから始まりました。

 

その女性が母の日があるなら、

父の日があるべきではないかと活動しました。

 

アメリカでの式典で父のお墓にバラを供えた事で、

父の日にバラを贈る事が定着したようです。

 

父の日にバラ

 

では、バラの色は何が良いのでしょうか?

 

アメリカでは

亡くなっている父には白色

健在の父には赤色

のバラを贈ると言われています。

 

しかし日本では赤のバラの花を

父の日に贈る習慣はありませんよね?

 

赤のバラの花言葉は

「情熱」「あなたを愛します」

という意味があります。

 

日本の赤いバラのイメージを考えると

相応しくないように思います。

 

白のバラの花言葉には

「尊敬」

があります。

 

意味としては相応しいのですが、

アメリカでは亡くなった父に

贈る事を考えると微妙です。

 

黄色のバラの花言葉は

「献身」

という意味です。

 

父の日のイメージカラーでもあり、

「毎日家族の為に献身的に

働いてくれてありがとう」

と父の日にぴったりです!

 

なので、

父の日にバラを贈る時には

黄色がベストです。

 

また、

黄色と白色を合わせて

準備するのも問題ないようです。

 

母の日のプレゼントより父の日の方が

悩みがちになりますが、

大切なのは感謝の気持ちを届ける事です。

 

お父さんの笑顔が見られたら大成功ですね。

 

 

Pocket

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ